SingularityNET と ERC20コンバーターについて

プロジェクト

 

 

SingularityNET とは?

SingularityNET(AGIX)は誰もがAIを作成、共有、収益化することができるようにするグローバルなAIネットワークの提供を目的としたプロジェクトです。

AI(人工知能)というのは作成するのに膨大な時間とデータが必要になるため、現状、大手の企業しか参入できていません。

この問題点をSingularityNETが解決するかもしれません。なぜなら、SingularityNETに蓄積されたデータベースの中から学習させたいデータを選んで好きなようにAIを作成することが可能になるからです。

開発者はSingularityNETでAIの作成を行い、AIを導入したいと考えている企業はプラットフォームで公開されているAIを購入することもできるようになります。

AIは、ブロックチェーン上でオープンなネットワークに保管され、互いに情報を共有できるようになっており、これによって学習スピードが向上するそうです。

僕は、AIの需要が今後どんどんと増していくと思うので、SingularityNETのプラットフォームにはかなりのユーザーが集まると予想しています。SingularityNETの今後にワクワクします!!

ERC20トークンとは?

ERC20トークンとはERC20を用いて開発されたトークンの総称のことです。

また、ERC20とはイーサリアムのブロックチェーンを利用するトークンに適用される仕様・規格のことです。

イーサリアム上でトークンを発行することで、トークン発行者は1からブロックチェーンを設計する手間が省けます。しかし、トークンの仕様(プログラミング言語など)が異なっていると、トークンごとにウォレットが必要です。

まさにERC20以前のトークンは、トークンの仕様がばらばらで、互換性を持っていませんでした。つまり、仕様の異なるトークンを100個持っていれば、ウォレットの管理も100個しなければいけないということです。

この問題を解決するために、スマートコントラクトの共通規格としてERC20が考案されました!!

ERC20コンバーターとは?

ERC20コンバーターは、イーサリアム上のERC20トークンを、カルダノのネィティブトークンに変換し、カルダノプラットーフォーム上に移行するものです。また、その逆も可能です。

SingularityNET(AGIX)の例で具体的に言います。

トークンをEthereumからCardanoに移動すると、Ethereumベースのトークンがスマートコントラクトでロックされ、同じ量の新しいトークンがCardanoで作成されます。

カルダノからイーサリアムに戻ると、AGIX-ADAトークンがバーン(焼却)され、同じ量のAGIX-ETHトークンがイーサリアム側でロック解除され、請求できるようになります。

こちらの図でもう一度説明します。

左上の緑矢印から解説します。まず、ERC20コンバーターを介してAGIを送ります。すると、AGIがスマートコントラクトでロックされ、同じ量の新しいトークンが作成されます。

次に、右下のカルダノからイーサリアムに戻る場合の赤矢印を説明します。ユーザーは取得したトークンを送ります。すると、AGIがバーン(焼却)され、同じ量のトークンがスマートコントラクトを実行することで請求できるようになります。

SingularityNETが公開しているとても分かりやすいアニメーションがあるので、気になった方は是非、そちらもご覧ください。

参考文献

singularitynet.io

Converter Bridge: Public Testnet Launch

プロジェクト

僕は現在、SASA Stake Poolへのステーキングによって発生するSPO報酬によって執筆活動を続けることができています。

もしこの記事が気に入ってもらえましたらSASA Stake Poolへの委任をよろしくお願いいたします。

また、カルダノに関しての質問がありましたら、TwitterのDMに気軽にメッセージしてください。いつでもお答えします!

SASA Stake Poolの詳細はこちら。

nagapandaをフォローする
SASA Stake Pool

コメント

タイトルとURLをコピーしました