カルダノ初のメタバース「Pavia」とは?

カルダノエコシステム

この記事は2022/01/19に書かれた「Cardano (ADA) Metaverse Launches With Thousands Investing in Its Digital Real Estate」と2022/01/17に書かれた「Land Prices Surge on Cardano Metaverse Project Pavia」を翻訳したものになります。

この記事をYoutubeで見るならこちら↓

Paviaの公式サイトはこちら

Cardano(ADA)メタバースは、デジタル不動産に数千人が投資してローンチ

カルダノは時価総額で5番目に大きいブロックチェーンである時に、スマートコントラクト機能を展開しました。Play-to-earn ゲーム(遊びながら稼げるゲーム)および非代替トークン(NFT)プロジェクトのPaviaはその数か月後に、Cardano(ADA)ネットワーク上で初公開されました。

プレスリリースでは、Paviaは「Cardano初のメタバース」であり、現実世界の活動や形態をデジタルで再現できる仮想現実空間であると述べています。

カルダノ・ネットワークはイタリアの数学者ジェロラモ・カルダノにちなんで名づけられたが、パヴィア・メタバース・プロジェクトは、この数学者の出生地である北イタリアのパヴィアにちなんで名づけられたものである。

このメタバースプロジェクトでは、約10万区画のNFT土地区画を持ち、60%がすでに完売しているという。パヴィアによると、第1期の仮想土地販売で29,000区画、第2期で31,000区画が販売されたという。

デジタル土地販売は2021年10月から11月にかけて行われ、現在、パヴィアのエコシステムには8,300人以上のバーチャル土地所有者がいる。また、Paviaによると、NFTの土地所有者は、2021年12月のブロックチェーンスナップショットに続いて、同社のゲーム内トークン「PAVIA」をエアドロップとして受け取りました。

Paviaによると、米国と英国からのバイヤーは、”規制の不確実性により “土地販売への参加が制限されました。メタバースプロジェクトによると、最終的な土地販売は2022年の第1四半期に行われる予定です。

パヴィアの土地区画は現在、カルダノNFTのマーケットプレイスCNFTで、最低750ADA(約1,110ドル)、最高85万ADA(約126万ドル)で販売されています。

ADAは記事執筆時、1.48ドルで取引されています。

カルダノメタバースプロジェクトPaviaの地価急騰

ゲームアプリ「Pavia」は先週、Cardanoネットワーク上でローンチし、ブロックチェーン上で初のメタバースプロジェクトとなった。

Paviaでは約10万個の「土地区画」が発行され、それぞれが個々の「座標」を持つユニークな非代替性トークン(NFT)としてミントされた。これらの区画の60%以上が2021年10月と11月に先行販売され、残りは2022年の第1四半期に販売開始される予定です。

NFTは、有形または無形のオブジェクトをブロックチェーンで表現したものです。メタバースは一般的に、人々が現実世界と同じように交流できる仮想世界を、デジタルで表現したものです。

パヴィアのネイティブトークンはゲーム内通貨として機能し、2021年12月のブロックチェーンスナップショット後、その25%がNFTの土地所有者にエアドロップされました。Cardanoベースの取引所であるMuesliswapのデータによると、paviaトークンは本稿執筆時点で20セント強(日本円で20円くらい)で販売されており、時価総額は1億700万ドル超となっています。

データによると、現在パヴィアには8,300人以上のプロットオーナーが存在する。しかし、ユーザーは月曜日現在、自分のプロットの上に資産を展開することはできません。「現段階では、自分の土地区画に訪問したり、コンテンツを配置したりすることができないことを覚えておいてください」と、パヴィアからの文書で注意が促されている。

Plots of land from the Pavia metaverse listed on an NFT marketplace. (CNFT)NFTのマーケットプレイスに掲載されているPaviaのメタヴァースの土地の区画。(CNFT)

このプロジェクトは、イーサリアムのようなブロックチェーン上に構築された仮想生態系において、仮想の土地区画が数百万ドルで売買されるようになった時期に実施されたものです。paviaの区画は、カルダノのNFTマーケットプレイス「CNFT」に3万ADA(≒45,600ドル、執筆時)という高値で出品された。

最近、企業はメタバースに存在感を出すことを急いでいる。SolanaベースのメタバースプロジェクトであるPortals上にオフィスを構える暗号取引所Binance.USや、今月初めにDecentraland上にニューヨークの旗艦店のメタバース版を立ち上げたグローバルエレクトロニクスメーカーSamsungなどだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました