DripDropzでSundaeSwapのISO報酬を請求する方法

プロジェクト

DripDropzでのISO報酬請求について

3月1日DripDropz.ioを通じてISO報酬を請求できるようになります。以下に、SUNDAEの報酬を受け取る際に覚えておく必要のある重要な情報をまとめました。

DripDropzとは?

DripDropzは、カルダノコミュニティからの信頼が厚いステークプールオペレーター(SPO)によって構築されたトークン配布用の蛇口です。トークンリワードの対象となるユーザーは、Webサイトにアクセスし、ウォレットのレシーブアドレスまたはステークアドレスを入力して、対象となるトークンリワードを確認できます。これはトークンリワードを請求するためのシンプルで簡単な方法です。

DripDropzを使うには?

DripDropzを介してSundaeSwapのISO報酬を請求するには、次の5つの手順を踏む必要があります。

DripDropzの料金を支払いたくない場合は、SundaeSwapが今後数か月以内に報酬を請求するサービスを構築します。報酬を請求できる期間は1年あるので、SundaeSwapから請求すればDripDropzのサービス料金を支払うことなく報酬を受け取れます。

コストの内訳

ISO報酬を請求する場合、3ADAの支払いが求められます。

  • 約1.3ADAが返送されます(minUTXOをカバーするため)
  • 残りの1.7ADAは、Cardano取引手数料+ Phyrhose処理手数料+ DripDropzサービス手数料の支払いに使用されます

参考文献

ISO Rewards Claiming Date & Information via DripDropz!

プロジェクト

僕は現在、SASA Stake Poolへのステーキングによって発生するSPO報酬によって執筆活動を続けることができています。

もしこの記事が気に入ってもらえましたらSASA Stake Poolへの委任をよろしくお願いいたします。

また、カルダノに関しての質問がありましたら、TwitterのDMに気軽にメッセージしてください。いつでもお答えします!

SASA Stake Poolの詳細はこちら。

nagapandaをフォローする
SASA Stake Pool

コメント

タイトルとURLをコピーしました