【ヨロイウォレット PC版】ウォレット作成からステーキング方法まで全て解説

ツール・マニュアル

 

ヨロイウォレットとは?

ADA専用のライトウォレットで、ChromeまたはFirefox拡張機能として使用できます。Emurgoのサーバーを通じてCardanoのフルノードに接続します。

ちなみにフルノードとは、ブロックチェーンの過去の取引データをすべて保持しているノードの事を言います。

Yoroiはとても軽く、瞬時に初期設定が可能で、最小限のシステムリソース使用量で迅速かつ簡単に操作が行えます。Yoroiウォレットは、Windows、Mac、Linuxに加え、iOS、Androidにも対応しています。

Yoroi のダウンロード

ヨロイウォレットはChromeまたはFirefoxの拡張機能で使用できます。今回はChromeで進めます。ChromeウェブストアでYoroiを検索し、「chromeに追加」をクリックします。

次に「拡張機能を追加」を押します。

するとこのような表示が出てきます。

拡張機能を開きましょう。先ほど拡張機能に追加した「Yoroi」があると思うののでそれをクリックします。

言語を日本語に設定して「CONTINUE」を押します。

利用規約を確認し、「CONTINUE」を押します。

「承諾」をクリックしてCARDANO支払いURLを有効化します。

「Yoroiが次の許可を求めています」が表示されたら「許可」を押して「完了」をクリックします。

ウォレット作成

「ウォレットを作成する」をクリックします。

通貨またはプラットフォームを選択から「Cardano」をクリックします。

「ウォレットを作成する」をクリックします。

ウォレット名と送金パスワードを設定し、「ウォレットを作成」をクリックします。

チェックボックスにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

15語のウォレットの復元フレーズをメモしたら「はい。書き留めました」をクリックします。

正しい順番で単語をクリックし、復元フレーズを入力します。正確に入力出来たら注意事項をよく読んで、チェックボックスにチェックを入れ「確認」をクリックします。

無事にウォレットの設定が完了しました。

ウォレット復元

「新規のウォレットを追加する」をクリックします。

「ウォレットを復元する」をクリックします。

通貨またはプラットフォームを選択から「Cardano」をクリックします。

あなたが所有しているウォレットの復元フレーズに合わせて15単語もしくは24単語のどちらかを選択します。今回は15単語を選択しました。

ByronウォレットもしくはShelleyウォレットのどちらかを選択します。今回はShelleyウォレットを選択しました。

ウォレット名、復元フレーズを入力し、新しく送金パスワードを設定ます。設定したら「ウォレットを復元する」をクリックします。

確認を押します。

この画面で無事にウォレットが復元できたことが確認できます。

ADAの入金

「受信」をクリックして、ウォレットのアドレスをコピーし取引所や他のウォレットからADAを送金します。

送金を行ったら「トランザクション」をクリックして着金されているか確認しましょう。

ステーキング

「Deligation List」タブをクリックします。「Search By ID o Name」と書かれているところにプール名やティッカー名を入れ、ステークプールを検索することができます。

今回は例として僕が運用しているSASA Stake Poolに委任してみようと思います。「Search By ID o Name」の所に「sasa」と入力してください。プールが出てきたら、「DELEGATE」をクリックします。

このような画面になるので、ウォレットの作成時に設定した送金パスワードを入力し「委任」をクリックします。

「委任が成功しました」と出るので、ダッシュボードページに行きましょう。

この画面で無事にSASA Stake Poolに委任できていることが確認できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました