SundaeSwapのリバースISOについて

SundaeSwap

この記事は SundaeSwap Labs によって 2022/02/13 に書かれた「The Reverse ISO Proposal: Promoting Cardano’s Decentralization」とSundae公式のTwitterを翻訳したものとなっています。

サクッと知りたい方は、この記事の最後のまとめをご覧ください

リバースISO提案:カルダノの地方分権化の促進

分散化は、CardanoコミュニティとSundaeSwap Labsのコアバリューです。私たちのISOモデルは、独自のSPOをスピンアップせず、SPOの選択を投票することで、分散型ガバナンスの理想をサポートするように設計されていますが、ブロックチェーンの分散化の重要な指標がわずかに減少しました。とは言うものの、Cardanoは他のほぼすべてのトップブロックチェーンよりもまだ集中化されておらず、SundaeSwapは分散化をサポートするためのさらなるステップを発表しています。これには、元のISO選考で少なくとも1票を獲得したシングルプールオペレーターにADAを委任することで参加者に報酬が与えられるリバースISOや、SundaeSwapDAOの形成、今後数週間および数か月以内に発表される追加のイニシアチブが含まれます。 すべてのRISO委任者は報酬の対象となります。

ここで逆ISO提案に投票してください:https ://tinyurl.com/sundaevote

提案の編集1:リバースISOの期間が5エポックから1エポックに変更され、ブートストラップの再配布が行われました。

提案の編集2:リバースISOの期間が80%短縮されたため、チームは2,000万のSUNDAEトークンをこのイニシアチブにコミットしました。これは、5エポックISOの間に1エポック相当の報酬に相当するSUNDAEが配布されます。

対象者:最初の記事では誰が対象となるかが明確ではありませんでした。RISOリストのプールに賭けているすべての委任者が報酬の対象となります。

当初想定されていたISOの概念は、新しいプロトコルを促進し、コミュニティメンバーに報酬を与え、Cardanoの主要機能の1つを採用することを強化すると同時に、コミュニティの多くのステークプールオペレーターに手を差し伸べる刺激的な方法でした。そして、そのアイデアはうまくいきました。あまりにも。コミュニティは非常に熱心に対応し、SundaeSwapISOのためにコミュニティによって選出されたSPOにADAのステーキングパワーが大量に集中しているのを目にしました。SPOが飽和状態に近づき始めると、コミュニティは、ADAステーキング報酬の潜在的な漸減だけでなく、SundaeSwapISOへのステーキングの集中についても懸念を表明し始めました。その集中は、カルダノネットワークのコアバリューの1つである分散化に反しているように見えました。

分散化を達成および改善するためのDeFiプロトコルのアプローチに異議を唱えるのはこれが初めてではなく、これが最後ではありません。分散型ファイナンスの理想を維持するには、トランザクションのセキュリティ、規制コンプライアンス、初期段階であるが急成長しているdAppを管理する実用性、および間違いなく他の多くの分野の維持との絶え間ないバランスを取る必要があります。しかし、分散化はネットワークにとって理想的なだけではありません。SundaeSwapLabsと私たちのコミュニティにとってコアバリューです。

SundaeSwapは、DEX操作のすべての側面で真の分散化をサポートすることに取り組んでいます。SUNDAEを所有することは、コミュニティのメンバーシップの単なるバッジではありません。これは、Cardanoパラメーターが許可するときにこの夏に起動するSundaeSwapDAOのガバナンストークンです。地方分権化は、カルダノコミュニティの構築と成長を支援した非常に理想的なものです。

しかし、これは初期の段階であるため、その理想を維持するためにできることはまだまだたくさんあります。この優先順位を強化するのに役立ったSundaeSwapコミュニティとCardanoコミュニティの両方で行われている活発で生産的な会話に感謝します。私たちのコミュニティの規模を考えると、SundaeSwap ISOは、個々のオペレータによる小規模なプールから多くの委任をそらし、集中化から離れるのではなく、むしろ集中化へ向かう傾向がありました。多くの人が、SPOコミュニティの投票に親指を立てることでこの問題に対処しようと提案しましたが、私たちはそれが正しいアプローチとも思えませんでした。そこで、分散化の本質と、この流れを変えるためにどうすればよいかをじっくりと考えました。

地方分権化は、私たちの業界が大きく依存している言葉です。それは私たちの活動の中核であり、多くの人々の心に火をつけたアイデアです。

ISOを考案したとき、重要なポイントのひとつは、いかに分散型であるかということでした。参入障壁が低いため、誰でも参加でき、SundaeSwapプロトコルを中心に形成されるDAOに対してある程度の発言力を確保することができるのです。

ISOプロセスの各ステップで、地方分権化の精神が意思決定プロセスを導くように努めました。

  • 自分たちで100以上のステークプールを運営するのではなく、コミュニティのメンバーに運営を依頼しました。
  • これらのメンバーを自分で選択するのではなく、カルダノの歴史上最大のオンチェーンガバナンスイベントの1つを実行して、コミュニティにメンバーを選択させました。
  • カルダノの現在の制限を考慮して、可能な限り中央当局としての行動を避け、コミュニティにどのプールを評価するかを決定させました

しかし、このモデルがカルダノの中央集権化に一役買っていることは、皮肉なことです。私たちのプロジェクトに対する強烈で圧倒的な興奮に刺激された意図しない結果は、40の異なるステークプールオペレーターに約70億の委任されたADAを集中させたことです。ISOの開始に至るまでの時代には、これにより、ナカモト係数(分散化を測定するための事実上の標準)が25から22にまで低下しました。

上記の傾向は、確かにCardanoの運命を暗示しているわけではない。Cardanoはまだ他の多くのチェーンよりも規模が大きく、昨年、カルダノコミュニティはナカモト係数18を祝っていました。22の異なる団体に、彼ら自身がCardanoの成功のために持っている利害に反して行動するよう強要するのに必要な努力と調整は、理解するのが難しいほど驚異的です。

それでも、トレンドとしては気になります。しかし、カルダノで非常に注目されているプロジェクトとして、また将来のプロジェクトの手本となることが多いプロジェクトとして、私たちはこの傾向を覆すためにどう貢献できるかを深く考えてきました。

私たちがやったことよりも重要なのは、次に何をするかです。DEXが小さなシングルプールオペレーターをサポートし、エコシステムの最小攻撃ベクトル( MAV )を高めるために積極的な役割を果たすべきであることは明らかです。そして、そのための最善策は、現在ブロックチェーン上で委ねられたADA全体の21%強を受け取っているシングルプール・オペレーターに力を与えるということなのです。

過去数日間、多くのコミュニティメンバー(一部のスクーパーでさえ)が、2月14日にISOプールから移動するよう委任者に勧めていることに気づきました。ISOが間もなく終了する中、Cardanoコミュニティの中には、最初にフラストレーションが沸いたのと同じように、SundaeSwapが再びステークされたADAの流れに介入されたくない人がいるだろうと感じました。

そのため、以下のプログラムをコミュニティに提案して投票していただきたいと思います。この投票は正式なガバナンス投票ではありませんが、一般的な感情を確認することができ、カルダノコミュニティが私たちに行動を起こしてもらいたいと考えています。上記の提案されたインセンティブプログラムについて、Twitterやソーシャルメディア全般についてご意見をお聞かせください。

SundaeSwapのReverse ISOの提案に、私たちはとても興奮しています。これは、「ISO 2.0」または「シングルステークプールオファリング」とも言えますが、私たちは「リバースISO」と呼ぶことにします。

それはどのように機能しますか?追加の2,000万(期間が80%減少したため、3,000万から変更)SundaeSwap Labsサプライ(チーム)からのSUNDAEは、ISO選考で少なくとも1票を獲得した単一のプールオペレーターに委任する委任者に配布されます。リバースISOは、スナップショットが日本時間の2月20日に取得された後、2月25日まで1エポック実行されます(5エポックから変更されました)。対象となるステークプールのリストは、発表にSundaeSwapWebサイトで公開されます。既存のISOプール(上位40は対象外)。

SundaeSwapのリバースISOから報酬を受け取るには、対象となるシングルプール事業者に委任し、日本時間の2月20日から25日までのフルエポック間、委任したままにしておくだけでよいのです。SUNDAEトークンは私たち自身の蛇口から配布され、同時にDripDropzのサービス料を払いたくない人のためにDripDropzの外でSUNDAE ISOの報酬を配布します。

私たちはこの提案が、委任の再分配を助け、MAVを私たち全員が望む場所に戻し、さらにCardanoの分散化を維持する鍵となる小規模プールをサポートすることになることを望んでいます。

ここで提案に賛成または反対に投票してください:https ://tinyurl.com/sundaevote

  • 2月15日—サンデーISOの最終スナップショット
  • 2月20日—リバースISOが始まります
  • 3月2日—DripDropzを介して配布されるSundaeISOリワード
  • 2月25日—リバースISO終了
  • Q2 — SundaeSwapFaucetを介して配布されるリバースISOリワード

Reverse ISOと同様に、ネットワークの積極的な分散化を支援し、小規模なプールをサポートするためのプログラムもいくつか実施しています。

具体的には、SundaeSwap DEXのエスクロー契約にロックされたすべてのADAを小規模な単一プール運営者に委任することを約束します。これについては、この取り組みの開始が近づくにつれ、近日中に詳細をお伝えする予定です。

小規模SPOを推進する私たちの取り組みは、ここで終わりではありません。私たちは、今後も様々なプログラムや取り組みを通じて、小規模で単一のステークプール運営者を促進し、皆さんと共有することを楽しみにしています。

Sundae公式Twitterの翻訳

https://twitter.com/SundaeSwap/status/1493350916929601536?s=20&t=YCIq2HVV7GOpYFGlBBsElA
https://twitter.com/SundaeSwap/status/1493350918628286464?s=20&t=YCIq2HVV7GOpYFGlBBsElA
https://twitter.com/SundaeSwap/status/1493350920301785100?s=20&t=YCIq2HVV7GOpYFGlBBsElA

 

投票の結果を評価し、逆ISO提案に関する回答を読みました。提案への投票の83%、反対13%、棄権4%で、日本時間の2月20日から2月25日までリバースISOが行われます。

リバースISOの目標は、ISOでSundaeトークンが貰えるプールに集中した63億以上のADAの一部の移動を後押しすることです。私たちは、この取り組みが正味のプラスとなり、委任を失った小規模なステークプール運営者を支援し、最終的にカルダノがより強固になることを望んでいます。

リバースISOの対象となるプールは、こちらで確認できます。この取り組みには、ISOでの1ラウンドに相当する20M SUNDAEが割り当てられます。

まとめ(サックっと知りたい方はこちらをご覧ください)

(全て日本時間表記です。)

リバースISOとは?
ISO選考で少なくとも1票を獲得したプールオペレーターに委任する委任者にSundaeトークンを配布する委任分散化に向けての取り組み。(RISO対象プールリストはこちら

今後日程は?
・2月15日—サンデーISOの最終スナップショット
・2月20日—リバースISO開始
・3月2日—DripDropzを介して配布されるSundaeISOリワード
・2月25日—リバースISO終了
・第二半期 — SundaeSwapの蛇口を介して配布されるリバースISOリワード

ISO参加条件は?
2022/02/20 6:44までに(321エポック中に)対象プールへ委任する。
2022/02/25 6:45過ぎ(323エポックに切り替わる)まで委任を継続する。

日本のプールはある?
日本のプールはありません。しかし、Beaver Pool!を運営されているビーバーさんは日本への留学経験があり、SPO JAPAN GUILD でも見かけます。リバースISOに参加したいならビーバーさんのプールが僕的におすすめです。

どのくらいSundaeトークンが貰える?
RISOに割り当てられたのは2,000万のSUNDAEトークン。これは、5ラウンドあったISOの1ラウンド相当の報酬となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました